看護師不足で求人多いけど自分の条件に合った職場見つかるの?

昨今、看護師は不足傾向にあります。
かつて看護師資格を取得したけれど、看護師の職を選択していない人も多いのです。
看護師不足が起こる原因は看護師の離職率が高いということが大きいと思います。
転職先で圧倒的に人気なのはこじんまりとしたクリニックやいわゆる町医者など。
こういったところは就業時間が安定しているのが魅力ですよね?大病院なーんかと違い業務がルーチンだし時計どおりキッカリ終わるし(笑)具体的には、常勤看護師の場合の離職率は、約11%にもなります。
女性の方が圧倒的に多い仕事のため、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。
給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、内実は純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて総額が上がっている場合が多いです。
ですからナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであればどこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤がある勤務先を選択してください。
この夜勤があるかどうかによって給料の差は大きくなります。
看護師がする仕事内容は、外来、もしくは、入院病棟で、そして、個人病院などの小さい病院なのか、総合病院なのかによっても、違いが出てきますが、病気を発症した人やケガをした人の世話や看護がメインです。
患者側が不安を感じずに治療や看護を受けるためにも、看護師は必要不可欠でしょう。
もし看護師転職に自信がないなら自分がなぜ転職をしようと思ったのか、その動機を分析してみることも大切です。