NISAの配当金の確定申告が必要な場合とは?非課税を活用するには?

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。その場合には確定申告をどのようにすればいいのかといったことが疑問になるはずです。

この場合NISAの口座は制度がスタートした当初から少しかわって、1年に1回限り、変更が認められるようになりました。

もしくは、通常のNISAをつみたてNISAにチェンジしたいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも同様に1年に1回対応してもらえます。

ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更時に強制的に解約する必要があるかどうかだと思います。

でも確定申告については大丈夫なのでご安心ください。

前年度に買ったものはそのまま持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

まだ間に合うNISA口座開設を考えているなら、まず最初に考えることはどこを選ぶかということでしょう。

NISAの口座開設は一人一つしか所有できませんので、対応している金融機関の中から厳選する必要があります。

一番人気があるのは証券会社ですね。

ネット証券は手数料が安いので特におすすめです。

あとは、単純に安さだけではなくキャンペーンなども合わせて比較すると良いですよ。

例えば売買にかかる手数料を無料にするというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額があまり高額でなければ、キャンペーンを重視するのもありです。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、解約必要書類があれば手続きは可能ですのでご安心ください。

但し条件があって、残高が0にならないと解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約必要書類があれば手続きは多少違うと思いますが、廃止手続きの手順に従って進めることになります。

もう少し具体的には非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類といっしょに必要書類を送付します。

必要書類につきましては手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約できるというのは、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。

解約しやすいということは、始めやすいとも言えますよね。

NISAと積立NISAの違いを簡単に説明すると、現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAと違って、投資できる金融商品が限定されています。

積立NISAでは投資信託しか扱えないのですが、その中でも手数料が低く分配金を頻繁に支払うタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がゼロであること、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

投資上限についても年40万円までと決められていますからかなり違いがあると言えますね。

その代わり非課税投資枠が20年間まで最大800万円までとなっています。

ちなみに、通常のNISAと併用することはできません。

NISAには非課税という最大のメリットがありますが当然ながらデメリットも存在します。

それは損失の繰り越しができないということです。確定申告の場合も注意が必要になりますよね。

含み損のある状態で期限である5年を迎えてしまった場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、NISAの場合口座へ引き継ぐ際、手数料こそかかりませんが、その値段で新たに購入したという扱いになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になっていたとすると25万円で買ったことになり、その後株価が上がり30万円まで回復して、その段階で売却しようとすると5万円が利益という扱いになり、5万円から税金が引かれるということになるんです。

そのため、引継ぎをしたい場合は含み損が出ているときは一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。

せっかくのメリットを十分に活用するために、NISAのルールを事前にちゃんと確認しておきましょう。

毎年120万円の非課税枠が与えられますがこれは使い切りです。

よく勘違いされやすいのですが、例えば30万円の株を買ったとして、後に売却しても30万円分の枠は返ってこないということになります。

初心者の方のために念のため解説すると、120万円までという枠なので120万円を超える商品は購入できません。

枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAをする上で5年後というのは大きなテーマになります。

というのもNISAには最長5年間というルールが設けられているからです。

実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。

まず売却して換金するというのが一番分かりやすい方法です。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

これらの他には通常の証券口座に移行するというのも可能です。非課税ですから確定申告は必要ありません。

NISAをどのように使うのかは、考え方は人それぞれなので正解はこれだと決められませんが、通常の証券口座に含み損が出ている株などを移すと、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAを銀行で始めようと思っている方はいませんか?取引先にすすめられて...などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が良いと思います。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAについて詳しく説明してくれますから、対面でやり取りできた方が安心できるという方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のウリである非課税になるというのは、支払うコストが低くなるということですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAは自分のために口座を開設して投資するものです。

ジュニアNISAはというと、0歳から19歳までの子供や孫などために、親や祖父母などが代理として運用していくことになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供や孫たちのための備えという面があります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳を迎えると自動的にNISA口座に変更されます。

ジュニアNISAは2016年1月から2023年12月までの8年間の制度となっていますが、この制度が終了した後でも、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。非課税というメリットが

病院や銀行などに置いている雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクは怖いですしね。儲かりすぎて確定申告が必要になったらどうしようといったことを考えてしまう場合もありそうです。

生活をしていく上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクがどうかではなく、何のためにやるのかという目的をきちんと見定めるということです。

子供のためにまとまったお金を用意しておきたいと感じたなら、まずは数年先の社会を予想してみてはいかがでしょうか。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAに興味がある方はまずは、はじめ方から勉強することをおすすめします。口座の開設方法から確定申告までしっかりと覚えておく必要があります。

はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、きちんと収益を上げようと考えている方には、ネット証券で口座を開設しましょう。

基本的に銀行やゆうちょで販売されているのは、ローリスクローリターンの金融商品となります。

決して悪くはないのですが、逆に言うとそれしかないのでちょっと気になるところです。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、売買手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券が安定の選択肢です。

NISAのリスクは大きく分けて2つあります。

1点目は、NISAの仕組みが抱えているリスクです。

NISAは利益に対して課税されないという性質がメリットとして取り上げられますが、損失がでたときに損益通算ができないというリスクがあります。

これは源泉徴収ありの特定口座でも同様なのですが、NISAで用心しなければいけないのが5年間という期限がついている点です。

期限を迎える前に一般口座に移動させることはできるのですが、そのときに含み損がでていたとしてもそれが考慮されないのです。

一度手放してから、買い戻しをするという作業をしなければいけないかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、金融商品自体がもっている性質そのものによるリスクというのは当然あります。

NISAとは何なのかできるだけ分かりやすく答えると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。

日本では2014年に開始した取り組みで、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、一人当たりひとつの口座を解説することができます。

気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、配当や売買差益といったものがその対象になっています。

5年間までという制限があるのですが、現在保有しているも金融商品をNISA口座に移動させるということは残念ながら不可能です。

NISAの口座を開設できるのは2023年までです。

当初から決まっていたことではありますが、これから始めたいと思っている方にとってはあとわずかな期間しかありません。

2023年まではすでに買っていて5年の期限が切れたものであっても、ロールオーバーといって持越しをすることができていましたが、これからNISAをはじめる方はあまり関係ないと言えるでしょう。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却するか課税のある普通の口座に移行するかのどちらかになります。

NISAの非課税口座と一般の課税口座間で株や投資信託を移行させることで、最終的な損益を考えておくといいでしょう。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。配当金が20万円にならない場合には確定申告も必要ありません。

貯金だけでも仕方ないしいくらかは投資してみるかな。

といったことはよく言われていますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

投資と言えば株というぐらいの定番なのでそれで考えてみますと、株主優待などに興味がある人はご存知かと思いますが株って数十万円必要だったりします。

こうなってくるとお金があることが実質的な条件になってきますし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、バランス投資というのが言われていますが数億数千万円あるわけではないのでどうやっても限界はあります。

投資信託であれば金融で仕組み化している分の手数料がありますがバランス投資が低予算でも実現できます。

引用:http://www.kabuho.net/kakuteishinkoku-huyou.html